「今、ここ」から  ~13年間20万人の患者さんと出会って~

がん患者生活支援サービス会社・VOL-NEXTの曽我千春が、13年間、20万人の患者さんと出会って学んだ大切なこと。私はここで、ウィッグや帽子、下着やパッド選びをお手伝いしながら、治療と生活と心の相談をお受けしながら、多くを学び、感じ、私自身も生かされている。困難は幸せの種。「今、ここ」からどう生きるか。

2017年01月

「曽我さん、これからでも、私、間に合いますか?」「はい。間に合います。いま、ここからです。」昨日来られた卵巣がんの患者さんとの会話。抗がん剤が効きにくいタイプと医師に言われたことで不安で眠れない日があるという。 いつもお伝えしているが、医療に全面お任せで1 ...

今日のタイトルの「先生」は、ドクターではなく「教師」である。 がん患者サービスステーションTODAY!に来られる患者さんの中には、教職の方も多くいらっしゃる。幼稚園から小、中、高、大学、専門学校、塾の先生まで。昨年末から年始にかけて、先生が数人続いてお見えにな ...

新しい年2017年がスタートした。穏やかな東京。曽我、こうして新年を迎えられたことに、ただただ感謝である。今年の3月でVOL-NEXTは、会社設立丸13年になる。ここまでVOL-NEXTに、TODAY!に、曽我に出会ってくださった皆様に心から深く感謝し、お礼を申し上げたい。皆様のお陰 ...

↑このページのトップヘ